佐倉市の築年数20年の一戸建てのシロアリ駆除に訪問いたしました。
築後20年間シロアリ駆除・予防の消毒歴が無いお宅です。

床下がコンクリートでもシロアリ被害が

一戸建てでシロアリ被害が発生しやすいのは、床下が土の場合です。湿気が発生しやすくシロアリには快適な環境となってしまいます。

しかし、床下がコンクリートでもシロアリ被害は発生します。

シロアリの蟻道

床下からコンクリートを通って木材に達している茶色線。
これは蟻道という、シロアリの通り道です。
シロアリは乾燥に弱いため、蟻道という中に空洞のトンネルを作って行動範囲を広げていきます。
この蟻道の中をシロアリが歩いているので外からはシロアリ自体は見えません。

コンクリートの上でもシロアリは蟻道を作って移動します

床下の地面はコンクリートですが、わずかな隙間からシロアリの通り道の蟻道が出来ています。
シロアリはこのトンネル状の蟻道を作り土台まで到達し木材を食べ始めます。

床下の地面がコンクリートでも絶対に油断は出来ません

シロアリは蟻道を作って家のあちこちへ移動します

乾燥にめっぽう弱いシロアリでも蟻道を作れば、コンクリート上でも家のあちこちへ範囲を広げて行けます。

玄関框のシロアリ被害

こちらのお宅では、床下から被害が拡がり玄関の框(かまち)という部材の裏側までシロアリの被害が及んでいました。

しかし、不幸中の幸いか発見が早かったので、シロアリ駆除消毒だけで問題無さそうでした。

木材は食い荒らされてしまっていたら家の土台がやられますので修復工事も必要になってしまいます。

5~10年、シロアリ消毒を行っていない場合は一度キチンと調査をした方が良いです!

家は大切な資産です。
早めの予防、早めの対策で大切な住まいの寿命を伸ばしましょう!