今日の現地は千葉市の居酒屋のゴキブリ駆除の初回施工の訪問です。

写真は薬剤を散布している作業ですが、ただただ薬をまいているだけでは有りません。

薬剤には色々な種類があり本日散布しているは即効性(薬がかかるとすぐにゴキブリが死ぬ)はあるが、残効性(散布後も効力が続く)はないものです。
こちらの居酒屋ではゴキブリの生息数が多いので、今回初めての訪問では、先ず即効性の薬剤で個体数を減少し、後日残効性のある薬剤を散布し、ゴキブリが増えないようにして行きます

状況に応じて薬剤を選択するのがプロとしての仕事です。
少し専門用語になりますが、ピレスロイド系、ネオニコチドイド系、フェニルピラゾール系、アルスラニルサンアミド系など、薬剤の種類と効果、害虫駆除を知り尽くした上での作業を行なっています。

こうした知識をもって、ゴキブリ被害をゼロにし、その状態を維持管理しています。ゴキブリ被害が止まらない方は是非、さくら防除センターへご相談ください。