四街道市の一戸建て築10年のシロアリ予防消毒にお伺いいたしました。

通常、新築時に建物が骨組みの段階(壁を張る前の柱等がむき出しの状態)で薬剤処理を行ないます。

5年以上経過すると薬剤効果が低下して行きシロアリに対してのバリア効果が薄れます。

現在はインターネットでこの様な情報が安易に入り、昔と比べて、築年数も新しいお宅の予防消毒のご依頼が増えております。

また、近年の住宅は高気密、高断熱を重視しており、一度シロアリの侵入を許すと被害が甚大化するケースもあります。

5年に一度はシロアリ予防消毒を行なうこと。
そして、しっかりとした保証を施工会社から受ければ心配は有りません!

最新の住宅構造にも対応する、さくら防除センターにシロアリ駆除・シロアリ予防をお任せください。