市川市の築34年の一戸建てのネズミ駆除にお伺いいたしました。
ネズミが徐々に家の中で見かけるようになって、手に負えなくなってしまったとのことでした。

最初は壁や天井裏でネズミの足音だけだった

こちらの市川市のお宅、1年ほど前から夜になると壁や天井裏でネズミらしき足音が聞こえていたそうで、少し気になっていたとのことでした。

ネズミの音が毎日聞こえる日もあれば、1ヶ月くらい音がしなくなったりと、日によって違うため、ネズミ駆除業者に依頼せず、ご自身で対処されていたようです。

ご自身で行った事は、殺鼠剤を買ってきて家の周りにいくつか置いたり、ネズミ超音波の機械を天井裏に置いたりしたそうです。

何か対処をするとしばらくネズミが静かになっていたので、効き目があったのかもしれないが、しばらくするとまた音がしたそうです。

ネズミ侵入口の床下通風口

ここ1ヶ月くらい前からは、家の中で見かけるようになって、台所のパンなどがかじられたそうです。

家の中で見るのはさすがに気持ちが悪いということでネズミ駆除のご依頼となりました。

ネズミは少しずつ行動範囲を広げます

ネズミは大変賢い動物ですが、同時にとても臆病な動物でもあります。

ネズミが家に侵入してきてもすぐに食べ物の場所のところには行きません。
まずは自分の身の安全を確保しながら、日々少しずつ行動範囲を広げていきます。

市川市のこちらのお宅のように、天井裏に超音波を置いたりすると、ネズミは安全だと思った場所が脅かされたと思い、パニックになって逃げ出します。

実は超音波でなくとも、人が顔を覗かせただけでも、ネズミが驚いて逃げていくことがあります。

すると、一時的にネズミがいなくなり、音がしなくなるわけです。

しかし、一度侵入したネズミは元のところに戻ろうという本能が強く、侵入口が開いたままであればまた戻ってきます。

相変わらず超音波の音がなっていても、だんだん慣れてきてしまい、全く気にしなくなります。

ネズミによっては、慣れてしまうと超音波の前を平気で歩くこともあります。

ネズミは急な環境変化に弱く、驚きますがすぐに慣れてしまうのです。

こうして、徐々に行動範囲を広げ、その範囲の中に台所など、食べ物がある場所を見つけると、パンなどをかじってしまうわけです。

ネズミを見かけるようになると末期症状

最初は音だけだったのが、家の中でネズミを頻繁に見かけるようになったり、室内でネズミのフンを見るようになると、ネズミ被害がかなり進んだ状態です。

おそらく、ネズミが家に侵入してきて少なくとも1ヶ月以上経過している状況でしょう。

ネズミが家の中に入る目的の多くは、寒さを凌いだり、天敵から逃れるために隠れ家として利用するためです。食べ物ではないのです。

隠れ家が安心だとわかると、徐々に範囲を広げて、家の室内にも入り込んで、台所の食べ物や仏壇のお供物などに手をつけます。

ネズミ侵入口をパンチングメタルで封鎖

そのためにも、ネズミかな?と思ったら、早めに対処することがとても重要です。
1日でも早く対処する事で被害を最小限にとどめ駆除がラクになります。

最初の1ヶ月間は全力で対処してください。

毎日ネズミが驚くようなことをすることで、ここにいても毎日ビックリして落ち着かない!と思わせます。

ネズミが出て行ったと思ったら、あとは侵入口を塞ぐことです。

ネズミは必ず戻ってきます。別のネズミが入ることもあります。

是非参考にしてみてください。

市川市もネズミ調査無料です

ネズミの現地調査もお見積もりも無料です。

調査を行い、お見積もりをお出ししますので、あとはゆっくりご検討ください。

ネズミ駆除の費用は業者によってマチマチです。

最長5年保証の当社と是非比べてください。

ネズミ駆除は早めが肝心です。
お気軽にご相談ください。

株式会社さくら防除センター

千葉県地域密着・ネズミ駆除歴20年。

ネズミ駆除後は最長5年保証!
現地調査もお見積りも無料です。